日本民间故事-出走的大黑菩萨
 3.31万

日本民间故事-出走的大黑菩萨

倍速播放下载收听

00:00
03:19

★关注【沪江日语】微信,获取更多有声资源

むかし、薩摩の国(さつまのくに→鹿児島県)で、塩がとても少なくなった年がありました。

特に川内(せんだい)のあたりがひどく、奉平寺(たいへいじ)というお寺でも和尚さんや小僧が、毎日、朝から晩まで塩探しに走り回っていました。

そんなある日です。本堂を掃除していた小僧は、本堂でどっかりと座っている大黒さんを見ながら、うらめしそうにつぶやきました。

「大黒さんは、よかね。みんなが塩不足で困っとるのに、いつものんびりとひまそうに。だいたい大黒さんは、福を持って来るのが仕事じゃろう。それが何もせんで、座っちょるだけか?そうじゃろ?なあ、黙っとらんで、何か言うてみい」。

しかし相手は木彫りの大黒さんなので、いくら文句を言っても返事をするわけがありません。

「けっ、こげん言っても、返事もなかか」腹が立った小僧は大黒さんを足でけりつけると、本堂を出て行きました。

さて次の日、大変な事が起こりました。大黒さんの姿が、どこにもないのです。

お寺のみんなはあちこち探しましたが、やっぱりどこにもありません。

「もしかして、泥棒にでも盗られたんじゃろか?」「そうかもしれんな。何せ、これだけ探しても見つからんのじゃから」「まあ、今は大黒さんよりも塩の方が大事じゃ」「そうじゃな」やがてみんなは、大黒さんを探すのをあきらめてしまいました。

それから、間もなくの事です。川内の港に、塩を山の様に積んだ船がやって来ました。

川内の人々は大喜びで迎えましたが、誰が船を頼んだのか分かりません。

そこで船頭に聞いてみると、「それが四、五日前に、『川内に塩を届けてくれ』ちゅうて、どっさり
金を置いて行った人がおったのです。何とも変わった格好の客でな。大きな袋かついで、頭巾をかぶっとったよ」と、首をかしげて答えるのです。

それを聞いた小僧は、びっくりです。「そっ、その格好は、大黒さんじゃ。まさかうちの大黒さんが」。

そしてあわてて寺に戻った小僧は、本堂を見てびっくり。

何と大黒さんが、ちゃんと元の場所に座っているではありませんか。

しかも大黒さんの足が砂で汚れており、おまけにその砂が本堂の縁側からずっと続いているのです。

さらによく見ると、大黒さんのかついでいる大きな袋が、前よりも少し小さくなっているのです。

小僧はその場にひれ伏すと、「大黒さん、この前は失礼しました!そして塩を、ありがとごわした」と、手を合わせて謝ったそうです。

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论