日本民间故事-会跳舞的三色猫
 3.99万

日本民间故事-会跳舞的三色猫

倍速播放下载收听

00:00
02:09

★关注【沪江日语】微信,获取更多有声资源

むかしむかし、あるところに、三毛猫を可愛がっている三味線ひきのおばさんがいました。

ある日の事、三毛猫に踊りを教えてみようと思ったおばさんは、いろりに鉄鍋をかけて、その中に三毛猫を座らせました。

それからいろりに少しばかりの炭火を入れて、猫の足がやけどしないぐらいに温めました。

鍋の中が熱くなってくると三毛猫は思わず立ちあがり、すかさずおばさんが鳴らし始めた三味線に合わせるように、熱くなった手足を動かして踊る格好をしました。「そうそう、上手、上手」。

おばさんは猫が手を上げるとピン、足を跳ねるとトン、手足を下ろすとシャンと、上手に三味線をならしました。
こうして少しずつ練習を重ねていると、しまいに三毛猫は三味線の節を覚えて、鉄鍋の中に入れなくても一人で踊るようになりました。

おまけに節に合わせて、♪ニャ、ニャン、ニャーと、可愛く言うのです。

この踊る三毛猫の噂はあっというまに広まって、あちらこちらから、ぜひ三毛猫の踊りを見せてくれと頼んでくるようになりました。

♪トン、トン、ピン、シャン
♪ニャ、ニャン、ニャー

ところが、三毛猫があまりにもうまく踊り歌うので、それをねたんだ人たちが、「あの三毛猫は、化け猫だよ」と、言い始めました。

それからはおばさんは三毛猫の踊りを人には見せずに、自分だけの楽しみにしたそうです。

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论