日本民间故事-会发出三味弦声的树
 2.62万

日本民间故事-会发出三味弦声的树

倍速播放下载收听

00:00
03:58

★关注【沪江日语】微信,获取更多有声资源

むかしむかし、あるところに、とても上手な三味線ひきのおじいさんがいました。

♪テンテンテン♪テコテコ、シャンシャンと、ひきながらあっちの村、こっちの村へとまわり、みんなからお金をもらって暮らしていました。

ある冬の事、いつものように三味線をひきながら村はずれの道までくると、雪が降ってきました。

(ああ、これは大変だ)雪はだんだん激しくなって、ひどいふぶきになりました。(どこかに、家でも)まわり見てみましたが、どこにも家がありません。

おじいさんが三味線をかかえながらとぼとぼ歩いていると、目の前に大きな木が立っていました。

ふと見ると、みきのところに人が入れるぐらいの穴が開いています。

(こいつは、ありがたい)おじいさんは、さっそくその穴の中へ入りました。

穴の中は思ったよりあたたかくて、いい気持ちです。

おじいさんはくたびれていたので、だんだんねむくなってきました。

(いかんいかん!こんなところでねむったら、死んでしまうぞ)おじいさんは三味線をかかえると、眠気覚ましにひきはじめました。♪テンテンテン♪テコテコ、シャンシャン

ところが雪は三味線の音に合わせるように、ますます激しく降ってきます。

おじいさんは三味線をひくのをやめて、雪が降るのをぼんやりとながめていました。もう、ねむくてねむくてたまりません。

それでもしばらく目を開けていましたが、そのうちにぐっすりとねむりこんでしまいました。

何日も何日もねむり続けているうちに、木はどんどん大きくなって、おじいさんを中に入れたまま、穴をふさいでしまったのです。

おじいさんはそれっきり、もう二度と目を覚ますことはありませんでした。

さて、やがて冬が終わり、春がやってきました。

「三味線ひきのおじいさんは、どうしたのかな?」

「そういえば、近頃はさっぱり姿を見せなくなったな」

どの村でも、おじいさんのうわさをしていましたが、そのおじいさんがどこからきて、どこへ帰っていくのか、だれも知らなかったのです。

ある日の事、近くの村人がこの木の下を通りかかりました。

すると、あたたかい春の風がふいてきて、木の葉っぱがさわさわとゆれました。

その時です。♪テンテンテン♪テコテコ、シャンシャンどこからともなく、三味線の音が聞こえてきました。

(あっ、三味線ひきのおじいさんがきたぞ)村の人は振り返りましたが、だれもいません。(おかしいな?)

するとまた風がふいてきて、木の葉っぱがさわさわとゆれ、木の中から♪テンテンテン♪テコテコ、シャンシャンと、いう三味線の音が聞こえました。

(木だ。この木から聞こえるぞ)

そんな事があってから、村人たちはこの木を『三味線の木』と呼ぶようになりました。

この不思議な木は、風で木の葉っぱがさわさわとゆれるたびに、♪テンテンテン♪テコテコ、シャンシャンと、なりつづけましたが、やがて秋になり、木の葉っぱが全て散り終わると、それからはならなくなったと言う事です。

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论