日本民间故事-会表演杂技的小猴子
 2.46万

日本民间故事-会表演杂技的小猴子

倍速播放下载收听

00:00
02:45

★关注【沪江日语】微信,获取更多有声资源

むかし、松代町(まつしろちょう)と言うところに、徳嵩源五郎(とくたかげんごろう)と言う腕の良い彫り物師が住んでいました。

ある日、源五郎は山でサルの親子を見つけました。

母ザルは猟師に鉄砲で撃たれたのか、背中から血を流して死んでいましたが、そのふところには生まれたばかりの子ザルが、母ザルのおっぱいを探して手足を動かしています。

「なんと、可哀想に」哀れに思った源五郎は、さっそく子ザルを抱くと家に連れて帰りました。

そして源五郎夫婦は子ザルに『まつ』と言う名前を付けて、我が子同様に可愛がったのです。

まつはとてもかしこいサルで、源五郎が踊りや芸を教えると、それは上手にやってみせるのです。

そしてまつの話は評判になって、やがては松代(まつしろ)の殿さまの耳にまで届きました。

殿さまはさっそく、源五郎とまつを呼び寄せました。

まつは源五郎の合図に合わせて、逆立ちや宙返りの芸を見せました。

「これは見事。見事だ」殿さまは、大喜びです。

そしてまつの芸を見終わった殿さまは、源五郎に言いました。「源五郎よ。金なら、いくらでも出そう。だからサルをゆずってくれ」

「えっ、まつを?」これには、源五郎も困ってしまいました。

たとえ殿さまの命令でも、まつは我が子同様に可愛がっているサルです。

(よわったな)何と返事をしたら良いかと迷っていると、源五郎のそばに座っていたまつが、とつぜん殿さまの前に進み出て、ていねいに両手をつくと、『そればかりは、ごかんべんを』と、言う様に、何度もおじぎをしたのです。

これを見た殿さまは、とても心を打たれて、「よいよい、今の言葉は取り消しじゃ。だがその代わり、時々城へ遊びに来るのじゃぞ」と、やさしく言いました。

こうして源五郎夫婦とまつは、それからも仲良く幸せに暮らしました。

今でもまつのお墓は、松代町大信寺にある徳嵩家の墓地に残っているそうです。

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论