日本民间故事-观音的预言
 2.25万

日本民间故事-观音的预言

倍速播放下载收听

00:00
02:43

★关注【沪江日语】微信,获取更多有声资源

むかしむかし、浜名湖(はまなこ)の近くの海で、夜になると海中で何かが明るく光りました。

「あれは、何じゃ?」「何だか気味が悪いのう。良くない事が起こる前ぶれだろうか?」

漁師たちは何度も船を出して光る原因を調べましたか、どうしても光る原因が分かりません。

そこで大きなアミを海の底までおろしてみると、何と木彫りの古い観音(かんのん)さまがあがって来たのです。

あの不思議な光を放っていたのは、この観音さまだったのです。

「観音さまなら、和尚さんに相談しよう」村人たちはお寺の和尚(おしょう)さんと相談をして、見晴らしの良い汐見坂(しおみざか)にお堂をつくってまつりました。

さて、ある年の春の事です。

江戸(えど)から東海道(とうかいどう)を下って広島に帰る殿さまが、汐見坂の近くに宿をとりました。

すると夢の中に、光り輝く観音さまが現れて、「今すぐこの地を離れよ。ここには大きな災(わざわ)いがせまっている」と、言うのです。

目を覚ました殿さまは、すぐに旅の仕度を命じました。

「殿、この夜中に出発とは、どういう事でしょうか?」お供の者たちが尋ねると、殿さまは夢の話を聞かせました。「さあ、観音さまのお告げだ。急げ! それから近くに住む者たちにも、この事を伝えよ!」

「しかし殿、たかが夢の事で」

「信じない者は、残るがよい!」殿さまはそう言うと、わずかなお供を連れて旅立ちました。

そしてそれから何時間もしないうちに、沖合いから大津波(おおつなみ)が押し寄せて来たのです。

村人の多くは殿さまにしたがって逃げ出したので助かりましたが、それにしたがわなかった者たちは大津波に飲み込まれて死んでしまいました。

さて、夢のお告げで命を救われた広島の殿さまは、感謝を込めて観音さまに狛犬(こまいぬ)と灯籠(とうろう)を送りました。

しかしそれがどこで間違えたのか、狛犬と灯籠は別にお寺に送られたのです。

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论