晚读35 | 爱,遣散了孤独
 179

晚读35 | 爱,遣散了孤独

倍速播放下载收听

00:00
04:52

「孤独が開く愛の扉」


人が一番わからないこと、それは自分の心だと、とこがの賢者(けんじゃ)がいっている。まさしくそうだ。


自分の素直な気持の周囲に何重ものバリアを張ってはいないだろうか。これは、自分から好(この)んで張るわけではない。世の中に順応(じゅんおう)しようと一生懸命生きていると、知らず知らずのうちに張ってしまうのだ。


「いや、人間は孤独ではない。すべての命は一なのだ」と言う甘い言葉がいる。しかし、そのような言葉に飛びついても、孤独は決っして癒されない。


孤独な人間は大切な何かが自分に欠けていると感じている。だからこそ、愛を渇望(かつぼう)するのだ。愛の渇望の強さは孤独の深さに比例(ひれい)する。


曾经有人说过,人类穷其一生,最参不透的,就是自己的心。


在我们内心真实的感情外面,总是包裹着一层屏障。不是我们想去张开屏障,而是在这个时代努力生活的过程中,不知不觉的,就张开了。


有人天真的认为:不,人类并不孤独,所有的生命都是一样的。然而,即使用这样的话来安慰自己,心中的寂寥也不会消失。孤独的人总能感觉到自己缺少了一些很重要的东西。正因为如此才无比渴望爱,而对爱的渴望又会随着孤独的加深而加剧。


推荐歌曲:米津玄师-《Lemon》

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论