晚读22 | 远处飘来红色气球(下)
 139

晚读22 | 远处飘来红色气球(下)

倍速播放下载收听

00:00
05:41

「赤い風船(後編)」


すこしためらったが、思い切ってこの子にハガキを書くことにした。せっかく風船の出所(しゅっしょ)がはっきりしているのだから、その行く方を知らせてあげても悪くないと思った。


「あなたの赤い風船はうちの裏庭へ飛んできました。どうかりっぱな先生におなりください。」


地図で見ると、彼女の学校からはうちまで直線でも二キロ近くあるようだ。おそらく北西の風に乗ってきたのだろうが、よくもここまで飛んできたなぁ。


あたりが少し暗くなってきた。騒ぎも収( おさ)まったらしい。火の後始末をしなくてはならない。


今年来た年賀状の中に未知の小学生らしい字のものが混じっていたが、見た途端にピンと来た。風船の少女からだ。


返事が来るのでは、しばらくは待っていたが、とうとう来ない。それ切り忘れていた。まさか年賀状がくるとは思うもかけなかった。「風船のお手紙、どうもありがとう」とそえ書きがある。



看到这个红色气球的我,决定要给小女孩写一封信,告诉她:你的气球飞到了我家院子,祝福你,以后能成为一名优秀的老师。这封信送出之后,很久都没有得到回音,我几乎已经淡忘了这件事。直到今年春节,我收到的贺年卡中,有一个小学生的字体,写着:谢谢你为我的气球写的信。



蝶澈个人公众号:【卿柠日语小院】,欢迎关注~

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论