晚读16 | 枯藤老树昏鸦,夕阳西下
 282

晚读16 | 枯藤老树昏鸦,夕阳西下

倍速播放下载收听

00:00
04:42

纪念蝶澈第一次在节目里唱歌哈哈~


「カラス」


子供の頃近所の家でカラスを飼った人がいた。巣から落ちた幼鳥(ようちょう)を見つけたおじいさんが、そのままでは死ぬだけだと 気の毒に思い、餌(え)付けしたものだった。カラスを飼っているとの話を聞いて見学に行ったものだった。まだ毛(け)さえ生(は)えきれない小さな姿だった。


やがてそのカラスは無事に成長し、羽ばたきも立派にするようになった。おじいさんは「もう大丈夫だべ。そろそろ放してやるか」と自分たちが見つめる中で網戸(あみど)を開け、カラスを両手で掴んで「ほらっ」と空をめがけてほうり上げた。


今思うと、あのカラスはああやっておじいさんの家の屋根の周りを飛び回って、恩返しをしていたのだろう。


小学生の頃音楽の時間で何度も歌ったものを思い出した。「夕焼け小焼け」という歌だ。


夕焼け小焼けで  日が暮れて

山のお寺の  鐘がなる

お手手繋いで  皆帰ろ

カラスと一緒に  帰りましょう


夕焼けと山のお寺の鐘、手を繋いで帰る子供たちの姿、そして夕焼けに向かって飛んでいくカラスの群れ。



蝶澈个人公众号:qingning170205,欢迎关注~

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论