癌症死者 年中超过34万人
 9655

癌症死者 年中超过34万人

倍速播放下载收听

00:00
02:03

全国で、去年1年間に、がんで死亡した人は、これまでで最も多い34万人余りに上ることが分かりました。厚生労働省の人口動態統計によりますと、去年1年間に死亡した人は114万1920人で、7年連続で100万人を超えました。死亡した原因を見ますと、最も多かったのが「がん」で34万3954人と全体の30%を占め、統計を取り始めた明治32年以降で最も多くなっています。続いて、心不全や心筋こうそくなどの「心疾患」が18万602人、脳こうそくや脳内出血などの「脳血管疾患」が12万2274人などとなっています。がんは昭和56年から29年連続で日本人の死因の第1位で、男性では「肺がん」が最も多く、次いで「胃がん」、「大腸がん」となっています。また、女性は「大腸がん」が最も多く、次いで「肺がん」、「胃がん」と続き、男女とも「肺がん」や「大腸がん」が増加傾向にあります。厚生労働省は「喫煙や食生活の欧米化などの生活習慣に加えて、高齢化が進んでいることががんのリスクを高めている要因とみられる。がん検診の受診率を高めるなど予防対策を徹底したい」と話しています。


据悉,去年一年中,全国因癌症死亡人数达历史最高,超过34万余人.根据厚生劳动省的人口动态统计,去年一年中死亡人数为1,141,920人,连续7年超过100万人.从死亡原因分析,最多的是因”癌症”死亡者达3,439,540人,占死亡者总数的30%,自明治32年开始该项统计以来,达到最高点.次之,心力衰竭,心肌梗塞等”心脏疾病”导致死亡者达180,602人,脑梗塞,脑出血等”脑血管疾病”死亡者达122,274人.自昭和56年以来癌症持续29年居日本人死亡原因第一位,男性死亡原因为”肺癌”的最多,次之是”胃癌”,”肠癌”;女性死亡原因为”肠癌”的最多,次之是”肺癌”,”胃癌”.男女同有患肺癌,肠癌增加的倾向.厚生劳动省称,”可以认为吸烟和饮食习惯的欧美化等生活习惯发生巨大变化,老龄化加剧,是癌症的患病危险加大的主要因素,希望国民彻底提高癌症检查就诊率等预防对策”.

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论