海水水温上升 是否证实地球温室效应
 1.34万

海水水温上升 是否证实地球温室效应

倍速播放下载收听

00:00
01:55

地球温暖化に伴って、世界の海水の温度が一昨年までの16年間に、平均0.1度程度上昇したとみられることが日本の気象庁などの国際共同研究で明らかになり、海でも急速な温暖化が進んでいることを示すデータとして注目を集めそうです。気象庁によりますと、海水は温暖化に伴う熱の大半を吸収しているとみられていますが、気温に比べて観測が難しく、全体の温度変化を正確にとらえたデータはありませんでした。そこで、気象庁気象研究所とアメリカ、イギリス、それにドイツの気象機関などが共同で各国の観測データを詳細に分析しました。その結果、1993年から一昨年2008年までの16年間に世界の海水には1平方メートル当たり、およそ0.64ワットの熱量が加わり、温度に換算すると海水が平均0.1度程度、上昇したとみられることが分かりました?これを空気に置き換えた場合、30度を超える気温の上昇に匹敵し、エネルギーの量は全世界のおよそ67億人が一人ずつ、100Wの電球500個を16年間点灯し続けた場合に相当するということです。


根据日本气象厅等国际共同研究表明,随着地球温室效应的加剧,在前年为止的16年时间里,观测到全球海水水温平均上升0.1度(这个数据)作为(研究地球温室效应波及)海水温室效应也迅速发展的研究数据而受到关注. 根据气象厅研究表明,因为海水吸收空气中大部分的热气而导致海水水温上升,这就使得与勘测气比,勘测(海水温度)更具难度,不能取得可以准确测量地球整体气温变化的数据.因此,气象厅气象研究所和美国,英国以及德国的气象机构共同详细分析各国的观测数据.分析结果,自1993年开始到前年为止的16年中,全球海水平均一平方米增加约0.6瓦特的热量,换算成温度后,得知海水水温平均上升0.1度.再将此温度还原释放到空气中的话,相当于气温上升至30度以上,(换算成)热能相当于全世界大约67亿人每人使用500个100W的电灯泡连续点亮16年.

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论