13 偶然の重なり
 1359

13 偶然の重なり

倍速播放下载收听

00:00
02:15

< 椿の章 >     朗读:石田彰


トラック13   偶然の重なり
肩を叩かれて、俺は顔を上げた。いつの間にか、彼女の隣で眠っていたらしい。
「ん?ああ~起きたのか?ごめん。寝てた。」
「何で謝るんだよ。倒れたことなんか俺は別に気にしてない。それより、もう熱は大丈夫なのか?」
「んん、おでこもさっきより熱くはない。顔色もよさそうだな。じゃ、具合がよくなったところでそろそろ帰るか。」
鞄を取ろうと俺が立ち上がった瞬間、制服の胸ポケットから、椿のプローチが落ちた。
「おっと、危ない!は~よかった。割れてなさそうだな。どうした?帰るんだろう。」
彼女は驚いた表情で俺の手の中にある椿のプローチを指差した。
「これ?ああ~小さい頃拾ったんだ。俺のお守りみたいなものだ。初恋の女の子が忘れていたみたいで...うんん、いや、なんでもない。」
「え?これ……自分のかもしれない?!」
---恋は今は あらじとわれは 思へるを 何処の恋そ つかみかかれる---
もう何も心に留めない。そう思ってたのに。偶然の重なりは私に掴みかかる。
二人で保健室を出た後も、彼女は何かを思い出すように、ずっと黙り込んでいた。



Track 13   偶然的重逢
感觉肩膀被碰了碰,我抬起头。不知什么时候,我好像在她身旁睡着了。
“恩?啊~你醒啦?抱歉,我睡着了。”
“为什么道歉。晕倒的事我不觉得麻烦啦。比起这个,你的烧退了吗?”
(摸~)“恩,额头没刚才烫了,脸色也好多了。那么,趁着身体状况好一些,我送你回家吧。”
想着要去拿包,就在我站起来的瞬间,山茶花的胸针从制服前胸口袋里掉了出来。
“啊,危险!~太好了,看样子没有坏。……怎么了?准备回去吧?”
她一脸惊讶地指着我手里的山茶花胸针。
“这个?阿~是小时候捡的。就像我的护身符一样。我初恋的女孩子似乎忘了这事……唔~算了,没什么。”
“诶?这个……说不定是自己的?”
『道是,如今已无恋;何处恋竟至,将我拘缠。』
原以为在心中已经不留痕迹,偶然的重逢,却再次将我紧紧抓住。
我们离开保健室后,她仿佛回忆起什么似的,一直沉默着。

评论

    还没有评论,快来发表第一个评论!

打开喜马拉雅,发表评论